ムーのタイトルっぽくしてみた☆彡






上手くまとめられない確率98%だけど書かせてもらいます。
かなりマニアックな内容だし、冒涜とも取られかねないので、ほんと電波乙でお願いします。


切っ掛けは、いきなり降って来た言葉、「ルシファーの真意は歪められた」でした。※1
ちなみに私は天使苦手なので、ルシファーにも興味なし。

その後、怒涛の存在アピール。
あちこちで名前を目にして、好きなブログさんにまで。

こちら読んでから空海までアチコチで見る。
高僧さんが空海と同じ誕生日とか、たまたま行った寺が真言宗とか。(鹿児島は浄土真宗だらけなので確率低い)

そして先日の記事を書いたんですけど、※2
実はもう一つ、やたら興味を惹かれて調べる事になった神さまが2柱。

エンキとエンリル

これは説明長くなるので、詳しくは検索して欲しい。
簡単に言えば、地球で初めての文明、シュメール文明の石板に書いてある宇宙人。
神さまではなく、宇宙人だって楔形文字で表記してあるのがミソ。

ある日空から来た宇宙人が人間を造り、

エンキが蛇型の母から生まれた兄。
エンリルが人型の母から生まれた弟。
異母兄弟ですね。

エンキ=大地
エンリル=大気(空)
の神。諸説あり。

旧約聖書の話もほとんど彼らが元。
人類初の殺人事件、カイン(兄)とアベル(弟)

エデンの園はエンリルが作って、人間も動物園のように管理していたんですが、
エンキが「知恵とか与えて自由にさせてもいんじゃね?」
とそうしちゃう。

エンキ=イブを誘惑した蛇

知恵持って地球に増えた、エンキ印の人間をエンリルは気に食わない。
大洪水起こして滅ぼそうとしたけど、
エンキが一部に告げ口して助けちゃう。これがノアの箱舟。

今の人類側から見たらエンリルが悪者みたいですけど、案外エンリルに管理されてた方が地球にとっては良かったのかもしれない。
今日のような環境汚染はおこらなかった。
あと不老不死だったし、なんの感情の苦しみもなかった。

視点次第で善悪は変わる。ここテストに出ます。

国と時代と宗教は変わっても、この兄弟はどこにでも現れます。
二人の孫のイナンナ(女神)を出すとまた混乱するので置いときます。
(あちこち参照にした話ですが伝聞口調は面倒なので省きます)

我が日本にも、最初はエンキ属性の神が降り立ちました。
縄文人の神や諏訪大社のミジャグジ(蛇神)
大国主命もそうです。(国津神)
そして天照大神率いる天津神=エンリル派に制圧される。

出雲大社で大国主命は封印されている説もあるそうです。
私もそう感じます。

そして最近の私にまた、ルシファーの時のようにある神の名前が主張してきました。

艮の金神(うしとらのこんじん)

(´・ω・`)知らんがな。
東北に封じられた強力な神?でしたけ。
昔オカルト板で読んだ話に出て来たような…これかな。
あれ違う。違うけど、この話今だと真実だって解る…。

これか?
いや違う、違うけど違わない。げ、この話もガチじゃん。
あった!続きだった。

国常立尊と同一神とされてるようだ。
そして金星からきたと…またか。

艮の金神=ルシファー

って事ですね。
大震災が彼の目覚めだという説もありましたが…。あまり触れたくない。

つまり、日本は再びエンキが目覚めようとしているんです。


一旦この話題は置き。
最近私は、徐福伝説のある霊山にまた行ってきました。
特に何が…というわけでもなく気に入ってしまって、今度はお寺に行きました。
そこでご住職に徐福伝説を詳しく聞く。

徐福とは、中国の始皇帝時代、不老不死の薬が東の島にあると予言して、日本に来た方士…
学者・医者・方術(まじないや占い)とオールマイティーな人の事。(あれ?空海に似てる)

・始皇帝時代、技術者や若い男女3000人引き連れてきた。移住じゃん
・稲など五穀や最先端の技術を伝えた
・全国各地に立ち寄った跡がある

どう考えても天孫降臨です本当にありがとうございました。
徐福=天皇家じゃないでしょうか。
秦氏という説もあるけど。

実は徐福は中国人ではなく、イスラエルの失われた10支族だったという説があります。
日本人のDNAも、中国韓国にはないものがあるそうです。
これで繋がった。
シュメール→イスラエル→中国→日本
シルクロードを渡り、神の民も移動してきた。

何の為?不老不死の薬を探しに行くというのは資金調達の為の嘘。
日本に神の国を創ろうとしたんです。
後に10支族の秦氏もやってきて、ユダヤ教的と神道を融合させたそうな。
私はこの秦氏は孫娘のイナンナ派だと思うんです。

秦氏は稲荷神社の創始者ですが、稲荷神=イナンナという説もある。
仲裁に来たのかね。

結論として、言いたいのは、日本は神の国であり、封じられた神が多々居るという事。
救世主は失われた10支族の中から出る…という伝説がある事。

エンキとエンリル、長い対立は終わり、融合された世界になる。
その始まりは日本です。
その為には、エンキ(ルシファー)復活させないとね。
地震はその余波かもしれません。

…我ながら何言ってんの?ですけど…。
妄想中楽しかった。

ちなみに、上記の霊山は徐福が冠を置いたと言われ、冠の紐を置いたと言われる霊山は近所でしたw
その麓で働く事になったって…。因縁を感じずにはいられない。

災害も事件もふえますが、これからガンガン古い考えは無くなり、問題は改善され、
私達が自由で幸せになる、優しい世界になってくると思います。

私達一人一人が神なので、神はその代理戦争みたいなもの。
私達が平和を望めば、その通りになります。
少しでも思考の片隅に置いていてもらえたら幸いです。


関連記事


天皇家はエンキ派はエンリル派なのか?ここは解らないんですけど、もしかしたらわりと初期の段階で融合しちゃったのかもしれない。
空海は徐福の生まれ変わりかも。って事は徐福はエンキ派。

かつてエンキ派とエンリル派はイスラエルに居ましたが、対立して国は滅びた。神は居なくなった。
遠い日本でまた神の国が出来るのかもしれない。
いやすでに神の国だわw八百万の神々がおわすのだから。