異端者のお茶会

占いカウンセラーのスピリチュアルブログ
癒し、開運、チャクラなど…

過去のトラウマと死の痛みを昇華(加筆修正)

マニ@1e4a6ac06fe8445https://t.co/dERWK5BTm711月11日ポータルの影響か昨日も凄まじい過去のトラウマあぶり出し来て泣いてた前世からくる傷まで行っちゃったよテトがずっと寄り添ってた https://t.co/8E15HqNdng2019/11/10 08:29:24※母親に対する怒りの部分が抜けていたの

ペットは天使。マジ天使。

悔しいからネタにしちゃう。ずっと連絡つかなかった悪友。悪友のお母さんから伝え聞いて、久しぶりにメール送ったら返信来た。友人は自営業をしていた。いわゆる職人。腕は確かで、作る物は素晴らしかった。ただ断れない性格が災いして、変な客やメンヘラばかり引き寄せ、嫌

夢の中の男の子の正体※追記

本日3度目投稿(笑)夢の男の子の部分抜粋。気づくと、潮が引いた海、干潟に居た。曇り空。遠くには寂れたビルが見える。人の気配はない。一面灰色の世界。少し歩こうとたけど、ひざを折り、湿った砂地にうつ伏せに倒れる。「…もう無理だ。私は疲れた。もう進めない…」泣き

1年忌なので父の夢

※去年の11月29日の個人ブログより また父の夢を見た。ベッドの上ではなく、家のこたつの中へいた。横向きに小さく縮こまり、病院へ帰りたくないようだった。その背が寒そうだったので、私は羽毛のガウンをかけてさすってあげた。すると、何度も「ありがとうありがとうありが

山での遭難体験記

全国的に哀しいニュースが多い時は私達も無関係ではありません。そういう不穏な運気になっています。波動が落ちるので、あまりニュースを見ないのも手段の一つです。それでも耳に入ってきたりして、心を痛めていたのが新潟の登山で亡くなった、小1男子と父親。原因などは解

死と哀しみ

ちょうどこちらのリンクを読んだ後でした。仏教から見る死チベット仏教は無知なんですが、最近あちこちで目にするので学べという事なんでしょう。上記のリンク内容をざっとまとめると、・死は生と同時に有るもの・人は何度も輪廻し、無数の死を経験している・死は次の段階へ

墓から納骨堂へ移す手順

ようやく!四十九日が終わりました!!この…圧倒的達成感…!!!寺、役場、年金事務所、銀行、農協などに通いまくり、ひたすら住所と名前を書いて書類と格闘する日々…!!終わらせた!!ほぼ姉と私で終わらせた…!!!世帯主が亡くなるって、本当に大変です。こんなの年

自殺について③誘うもの

その➀その②今回でひとまず最後です。重い話題になかなか筆が進みませんでした。先日、墓じまいの支度の為に山の上にある先祖代々の墓に行きました。こういう時怪力で良かったですね。ふんぬ!と重い石の蓋を開けました。姉妹と行ったのですが、私が骨壷を取り出し拭き掃除

自殺について②抑止力を考える

前回①多くの宗教やスピで自殺者の霊は永遠にさ迷う…と言いますが、それが自殺者の抑制にならない事は、何度も自殺しかけて何度も死にたい思っていた私が証明する。小さな頃からジュンさんの話を聞いていて、「自殺マジやべェ」と刷り込まれていたのにこの有様でしたから。

自殺について①身内の自殺と墓問題

前に書いた、自殺した父の義姉の話ですが…。闇を超えて④憑かれて気づく義理、というのは、父の母は長年不妊でして、諦めて養女を貰ってきたんです。その後すぐに息子(父)が出来たのですが、両親は世間体を意識し過ぎて養女ばかりを贔屓し、息子とその下に生まれた妹は蔑ろ

死は哀しみではない

私は死後まもない魂だけ見えるという、微妙な霊感持ちで、今の段階だと故人の意思を少しだけ聞けるようになりました。※ただし、身内に限る。他人の方は、調子がよほど良い時か、故人が強く望んでいる時じゃないと聞こえません。正確には耳で聞いてるわけではない、上から頭

お葬式で困った事※愚痴シャウト注意

某日、身内が亡くなりましたので更新ストップしておりました。まだまだ書類関係の山が残っており、自由になれません。1年前に発病して、庭仕事する元気はあったくせに、なーーーんも準備していない人でした。残したのは借金と石とムダな家具だけ。悲しむよりも、正直これら
自己紹介
名前:マニ

このブログは心の問題、スピリチュアル、心身の健康をテーマに好き勝手書き綴っています。
太極拳の師範を目指しつつ気功の鍛錬もしています。占い師は辞めました。
連絡先
gmorotomoni66☆gmail.com
☆を@に変えて下さい。
※緊急連絡のみお願いいたします。
返信は記事でいたします。返信不要の場合はそうお書き下さい。
メールでのご相談、交流は受け付けておりません。
ご予約はこちらの記事を一読ください。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ