うちの可愛い王子様、テト君はこの度オカマさんとなりました…。
元からメスに間違われるくらいだったからw
成長記録から詳しく経緯を書いていきます。
去勢だけ読みたい方は、2月頃からお読みください。

2019年10月11日
子猫を拾う。耳ダニが物凄く、風邪もひいていたので洗うの躊躇したけど、
嫌な予感して二日後洗ったら、ノミがウジャウジャ…(白目)
白猫ってノミ見つけやす過ぎる。
IMG_20191011_161011
痩せて大きな目だけギョロギョロしていて、正直宇宙人みたいで不気味だったw

10月15日
病院へ。段ボールに入れていったw
拾い猫はサービスしてくれる病院で、ノミ薬無料だった。
耳ダニの治療は首の後ろに付ける治療のみ。
二週間後にまた来てと言われる。
この時点で、年齢は6週間と言われた。一ヵ月と二週間ですね。
乳歯の発達で解るらしい。

二週間後、耳ダニ改善見られずまた薬を付ける。
看護師さんに耳クリーナーをしてもらう。
…最初からそれしてよと思う。

飼い主を探そうとアチコチにお願い。
自分の意外な交友関係の広さに驚く。
しかしこのように、肩にしがみついて離れない。
IMG_20191013_220649
あまり鳴かないし、爪とぎもトイレもすぐ覚えて大人しかったので、
これなら飼えるのでは?
家族会議。
「飼う?」と長女に聞いたら、「飼う飼う飼う!」の三連発(笑)
最初はハクにしようとしてたけど、肩にずっと居るので「テト」

飼うのと名前決定した途端、肩に乗らなくなった。ウソん…。
知能犯め!

11月某日
仕事辞めてダレてる時期で病院に行けなかったけど、耳ダニは改善。
順調に成長。
IMG_20191102_132553
IMG_20191022_200239
最初は覗うようなおどおどした垂れ目だったのに、だんだんふてぶてしくw
IMG_20191118_001930


2020年1月
ほとんど鳴かない子だったのに、野太い声で夜中に鳴くように。
発情期?早くない?と思ったが、拾った日を生誕と勘違いしてた模様。
生まれたのは9月始め。乙女座の男の子w
この時点で五カ月経ってた。
IMG_20191119_002354

2月
夜鳴きが酷くなり、睡眠不足に。
外でメス猫の気配がするのか、そわそわ落ち着かない日々。
2月の末にようやく病院へ行き、去勢の予約を取るが、
シーズンらしく3月の末しか空いてなかった。

一ヵ月も耐えねばならんのだよ…うそ…
IMG_20200211_085212
「反省してませんがなにか?」

3月はじめ
耐え切れず他所の病院に電話すると、13日に空きがあった!頼んだ!
ちなみに人間と違い、事前診察要りませんでした。
電話で、体重と睾丸が下がっているかの確認だけ。

本当は本人…本猫連れて一度診察してからが望ましいです。
私の場合は前の病院で去勢おkと言われていたので電話で済んだ。

事前に説明書だけ貰いに来てと言われて行きました。
前の病院は口頭で説明のみで、不安だったんですよね。

3月12日(手術前日)
この日の夜中0時から完全絶食(水もダメ)言われてましたが、
夜10時には食事を済ませる事に。
水は翌朝まで置いてました。

病院によってこの絶食指示はほんとバラバラ。
ただ私は自分が全身麻酔を3回受けた事があるので、人間と同じなら朝イチなら水は大丈夫だった。

手術は昼1時からなので、脱水の方が心配ですよね。



13日(当日)
午前中のうちに連れてきてくださいと言われる。
アンニュイ!
こちらの病院は、診察には粗目の洗濯ネットが必要。
入れても抵抗示さない。
何されるのか悟り、ブルブル震えてた(涙)
テト君に集中したいのに、隣のおじさんにやたら話しかけられて迷惑!空気よめ!

何度も撫でて「大丈夫だよ」というと震え止まりました。

呼ばれて診察。
玉が下がってるので大丈夫との事。
中にはお腹に埋没したタイプも居るらしく、その場合は開腹手術らしい(涙)

後ろ髪引かれまくりで診察室を後に。受付に行くと、
「夕方に迎えにきてくだい」

え!?日帰り手術なの!?

オスで正常な場合はそうらしい。
知らなかった…。一日お別れかと思って沈痛な気持を抱いていた時間返して。

水を少し飲んだと報告したら嫌な顔されたけど、手術昼からだし!
5時間もあくだし!
この辺の判断は飼い主に任せます。

昔なんて絶食もしなったですけどね。
そして夕方。
診察室へ。顔がやばい。恐怖で塗り固められている。

玉は剃毛されて、左右に小さな縫い跡が。ここから取り出したのね。
「取ったの見ます?」
と言われたので、
「後学のためにお願いします」
何の後学だ。

ちなみに私は自分の摘出した子宮も、家族に撮影を頼んでました。
旦那は看護師なのでその辺大丈夫。
見たいじゃん!取った鼻くそも見たいじゃん!

意外と大きかった。そら豆くらい。
もっと成長したらもっと大きいらしい。
近所のボス猫、すごい大きな玉なんだけど、あれ全部睾丸なんだね。

かかったお値段は、1万1000円でした!(税込)
この辺の相場よりちょい安くてホッ。
オスは安いんですよね。メスは開腹なので1日入院で2万はかかる。

キャリーに入れて帰りました。
錯乱してるのか帰り暴れた。
超珍しく失禁してた(涙)
恐怖のあまりおしっこも出来なかったのね。
人間と違って導尿しないんだなー。

夕方に引き取り、この日の夜9時までは引き続き絶食。
これに関しては守った。
何故なら私は全身麻酔の後、何の支持も無かったので持ってきたパンを食べたら、地獄の苦しみを味わった…。

全身麻酔は身体の機能が停止する事なので、当然胃腸の働きも鈍い。
固形物なんてもってのほか。

水を口に含む程度がいい。
脱水が怖いので、一時間後には水を与えました。あまり飲まず。

ネットで有名などん兵衛の空き容器でつくるエリカラ。
作り方。
病院からレンタルで借りるエリカラの輪の部分を容器の底に当てて、サイズを書き写す。
小さめに繰り抜いて、ギリギリ入る大きさまでカッターで切る。

輪全体に、切り込みを少し入れておくと、割れません。
でもあらかじめ縦に切っておいてはめて、テープで止めればよかったかも。


私はずっと見ていたので解らないけど、旦那が「痩せた!」と心配していた。
成長期に24時間も絶食したんだからそりゃね…。
すぐに戻りましたw
この日は疲れたらしく、すぐに寝てくれました。

14日(術後一日目)

昨日は赤く腫れていたような玉も、一日で腫れ引きました。
縫い痕もすでにふさがってる風。
動物は治りめっちゃ早いよね。

この日の夜から抗生剤を飲むように指示されていましたが、調べると出さない病院もあるとの事。
化膿してたり熱があったら必要かと思うけど、自己判断で飲ませない事に。

うちのテト君は私の自家製甘酒を毎日小さじ1与えています。
なぜ手作りかというと、市販のは過熱して殺菌しているので、生きた酵素が入ってないから。
詳しくは、甘酒 市販 手作り で検索!

生きた酵素で消化を助け、オリゴ糖で腸内環境も整う為、うちのテト君のウンコは無臭!
(ついでに私も無臭)
腸内環境が整っている証拠です。

それなのに、抗生剤なんか飲んだら腸内環境壊れるがな!
もちろん乱れても戻りますけど、症状がない限りは使いたくない。

15日(術後二日目)
この日も天気が荒れてたので、よく寝るテト。
声が前のような甲高さになりました。
あと表情も幼くなった気がする。

夜の鳴き声は…変わらずwもしかして、発情じゃなく、
「寂しいよー!かまえー!」
だったのでは…。

食欲はまだ前よりはないかな。
でもウェッティな餌には異常な執着。
夕飯にだけ与えてるんですが、この時間はカリカリ与えても食べず、
キッチンの私をガン見している。

一週間後、また傷を診てもらいに行きます。
今は溶ける糸なんじゃないかな。抜糸ないと思う。

手術が無事に済んで、本当に良かった!
これからも家族の一員として楽しく過ごしましょう、テト君。


最近使っている米麹。
早く糖化する気がする。甘味も強いような。

 

会社が鹿児島空港側にあるんですよ。
バレル・バレーというチェコの観光施設と酒造会社が一緒になってます。
なんか凄い色々ある。
肉も美味い。