胎児よ. 胎児よ. 何故躍る. 母親の心がわかって. おそろしいのか.

ドグラ・マグラ(上) (角川文庫)
夢野 久作
角川書店
1976-10-13


冒頭の詞をなんとなく思い出した。

どこで読んだのか忘れたけど、胎児に戻る水中遊び。
膝を抱えて沈み、頭を下の方に向けるんです。
お腹の中の胎児ポーズの再現ですね。

寝ぼけた状態…変性意識になった時にそれをイメージでしてみたんです。
すると心が「NO!!」と叫びました。

…なんじゃこれ…と思いながらもう一度。
またしても沸き起こる嫌悪感で、強制覚醒。

腹の中で何があったんだ…って、想像は出来る。

まだ手のかかる幼児の姉が居るのに、母は義父の介護もしていた。
たまに帰って来る小姑はお客様扱いで、返って手間を増やす。
鬼姑は通常モードでいびる。

「なんでこんな時に妊娠してしまったんだろう…」
「この子が男の子じゃなければ、またいびられる…」
「辛い、いやだ、かなしい…」

ずっとこんな母親の声を聞いていたんですよね。
だから私はめっちゃ手のかからない赤ちゃんだった。
ほとんど泣かずに寝ていたそうです。

違うんです。気を使って泣かないように我慢してたんです。
放置でも、我慢してたんです。

姉も寂しくて私をぬいぐるみ扱いして遊んでたけど、ミルク奪われてもニコニコ笑ってた。

…天使モードの私は小学生までだったな。
あとは修羅(笑)

この段階でも思い出したくないって、よほどですね。
まぁいずれ思い出すでしょう。


こちらの下の方のアセンション・テストをさせてもらったんですけど、


75%でした。
もうそういう段階だというのは自分でも自覚あります。

アセンションしたい方のみのプログラムってピンと来なかったんですけど、
導く存在になる為のものなんですね。
アセンションの指導者というか、見本というか、先駆者というか。

それにはインナーチャイルド、過去の傷の浄化が必須で、本気で辛い作業なのでそれを乗り越える強さと根性がある人じゃないといけない。
メタさんもその一人で、ブログというツールでアセンションを助けている。

足元には及ばなくても、私のこの無様な生き方が読んでくれる方々へ、何かの共鳴をおこしていると信じて書き続けています。
発信せずにはいられない人も、コーチになる人だと思う。

…なりたいとは思ってないのですが…修羅の道って解ってるし。
でも選ぶんでしょうね。先生って言われる予感が10代のうちからあったから。

姉と二人でしみじみ語りました。
もっと普通の人生歩みたかったと。

個性を求める人って、個性が迫害になる事を真の意味で体感してないんじゃないかな。
タトゥーや金髪程度じゃ個性じゃないです。
魂レベルの齟齬。噛み合わない。今の社会に違和感ありまくり。

ぞれを嘆いていたのも遥か遠く。
どこに転がっても、私は私らしく、笑って斬り込もうと思います。



ところでこのブログはわずかな広告収益を得ておりますが、まったく身に覚えのない事で停止しました。
理由は自分で広告クリックしただろ!でしたが、してませんってー

パワハラの記事が良くなかったんですかね?
念の為、非公開にしました。

広告停止してるので、メタさんの所にリンク貼りました(笑)

もう少し目立つ事を考えたらいいんですが、目立ちたくないという前世の傷がw
そういうのも、もういいですかね。
これで広告復活しなかったら炎上ブロガーとしてデビューしようかな(笑)

仕事も失ったしー関わる組織もほぼ無いしー
誰に嫌われようがどうでもいいので、
もう何も怖くないです。


買うものメモ
机寒いから、これ巻いてパソコン書こうかな。
小さい(ひざかけ)方が高いのねー