異端者のお茶会

占いカウンセラーのスピリチュアルブログ
癒し、開運、チャクラなど…

2019年08月

起こる事からの学びは何か?

先日はほんと面白いくらい同じテーマが試される日でした。図書館にて。外の方にフロアがあるのですが、そこで小中学生が少し騒いでいた。中に入ったらまずまずの人が居る。しばらく選んでたら、ドアの外から「ウェ~イ♪」な声がめっちゃ漏れる。気にしないように…と思って

魔境に陥らない審神者の仕方②

魔境に陥らない審神者の仕方①の続きです。スピリチュアルの真偽は、私は第四チャクラ(ハート)が一番分かりやすいです。審神者もハートですると書きましたが、エゴの診断はここが一番ですね。例えば、大天使ミカエルのメッセージをチャネリングしました…の場合。・何故ミカ

台風10号接近中

予定を変更いたしまして台風10号の話題です。だんだん鹿児島の薩摩半島も風が強くなって参りました。今夜仕事でしたが、盆の人の多さにヒーヒー言ってたら、流石に今日は少なかった。ホッ。今回は空も真っ赤に焼けました。マニ@1e4a6ac06fe8445本当はこれよりもっと赤紫だ

お盆は水辺に近づくな

Twitterで「お盆は水辺に近づくな」が全国区ではなかったと知り驚きました。特に都会では言わないそう。自然が過酷な鹿児島県では普通に行き渡っている教え。オカルト的には「霊に足を引っ張られる」なんですが、海はくらげが出る時期ですよね。あまり霊感の無い私ですが、お

魔境に陥らない審神者の仕方①

「問題意識を持て」というのは父の口癖でしたが、疑問を持つという事。世の中の情報は嘘が多すぎる。 『ウソをウソだと見抜けないと(掲示板を使うのは)難しい』と2ちゃんの創始者ひろゆきさんの名言ですが、これは審神者(サニワ)に通じるものがある。疑ってかかる事を知らな

そして神は私に知れと言う。

いじめの構造の続きになります。某掲示板に出入りしてたんですね。一人がおかしいと誰かが声を上げると、それに同調する日和見菌が出て、標的になった人は掲示板を追い出される。何回か繰り返してました。昨日激しく日和見菌が嫌だと言ったのは、私自身がそうだったからです

いじめの構造

わりと大真面目に、この世界は巨大な生物の体内説を推してるんですよ。しかも腸の中。腸内細菌が私達って事です。割合。善玉菌…20%悪玉菌…10%日和見菌…70%詳しく日和見菌が解ったのはわりと最近な気がする。腸内バランスが悪玉に偏ったら、一斉に悪玉に変わり、善玉に偏れ

内観と審神者の果てに…

行くか戻るか…それが問題だ。 高千穂で色々なエネルギーと繋がるので、審神者しまくった結果、内観も同時に勧める事になり、最近は自分のエゴ・ジャッジ・マウンティングに身悶えする羽目になってた。元より、私はエゴ・ジャッジ・マウンティングが強いです。中間子はヒガミ

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」!

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本 [単行本]石原 加受子中経出版2012-09-01図書館でこちらのタイトルを見て、思った事そのままだったので笑ってしまいました。ここ数カ月の私は、究極ダラけきった主婦。隙あらば寝てばかり。家事も最低限。旅行となっ

宮崎紀行②江田神社・旅のまとめ

大御神社から江田神社は高速使って1時間ちょい。海沿いのルートにしました。ルート地図有料区間から無料区間に入る高速を途中で降りてしまい、ワチャワチャしましたが、またしても細い道を通らされたり色々あって、紙の地図は必要だ!と何度思えばいいんだ(笑)シーガイアの側にあ

宮崎紀行①大御神社~絶景洞窟と謎の岩

ちょっと高千穂旅行④八大龍王水神の追記から~今朝通信が入った(ハイハイ電波電波)浮かれて気づきませんでしたが、あれだけ大きな龍と疎通できるなんて、私みたいな凡人が出来るわけない。龍神との間に入って通訳してくれたのが、イゴ様とズッ友のまじない師、法者さんでした。

高千穂旅行⑤くしふる神社・曲がった枝

どーん!高千穂の神社の鳥居はそれぞれ個性あって面白い。こちらは銅板が貼ってありました。格式高そ~!と思ったら、天孫降臨の現場(?)だとか。個人的にここじゃないと思った。やっぱ降りるなら高い山だよね。詳しくは、紹介サイトみて下さい。漢字では槵觸神社。めっちゃ
自己紹介
鹿児島で占いカウンセラーをしております、マニです。
傾聴を大事にしたカウンセリングメインでカード占いを行っております。
このブログは心の問題、スピリチュアル、心身の健康をテーマに好き勝手書き綴っています。
連絡先
gmorotomoni66☆gmail.com
☆を@に変えて下さい。
※緊急連絡のみお願いいたします。
返信は記事でいたします。返信不要の場合はそうお書き下さい。
メールでのご相談、交流は受け付けておりません。
ご予約はこちらの記事を一読ください。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ