HSP…ハイリー・センシティブ・パーソンの略。
直訳、すんげー繊細な人々。
HSCは、パーソンがチャイルド。

番組では小6の繊細過ぎる子を特集していた。
それがあなた!この子超凄い子なのよ!

目の奥とハートチャクラを見ればだいたい、魂レベル解るんですが、突き抜けてた。
天使だわ。なぜ地球にきた。

言ってる事も大人よりも的確に分析して説明していた。
こんな子が、猿並みの子どもや、上から押さえる事しか能の無いボス猿と接しなきゃいけないって…
教室が拷問室に等しい。

そんな彼を理解出来ないのが、祖母。団塊世代。
この番組凄いな。
対比が見事だった。

競争社会で生きてきた祖母にとって、誰かと争うのが苦手な彼の心理はまったく理解できない。

私も運動会大嫌いだったんですが、彼のお陰で今更理由が解った。
競争が嫌いだったんだ。
足早いのに譲ってた、と親がよく言っていた。
あと軍国主義気取った怒声を浴びせるボス猿…おっと体育教師がイヤ過ぎた。

そんな二人が旅に出て、お互いの感情を紙に書き出す。
カフェで食事をしている時。

祖母…人が少なくて寂しい。もっと賑やかならいいのに。

元気君…人が居て落ち着かない。赤ちゃん、カメラとかきて泣かないかな。
お店の人、忙しそうだな。
おばあちゃん、嬉しそうだな…

…気配りってレベルじゃねェぞ。聖徳太子か!
祖母は赤ちゃんが居る事も気づいていなかった。

私の姉も、長女もクラス全体の心の声が聞こえて辛いと言ってた。
それは勘違いじゃないと思う。

私も部屋に居る人の表情、動き、感情の波がだいたいわかる。興奮すると忘れるけど。
司会をした時は全体を把握するからとても上手く行く。

HSPあるあるに頷いていたら、最後にお互いの気持ちを背を向けながら伝え合うというのがあった。
祖母は、なるべく彼を理解したい。
元気君は、祖母は否定するからなかなか伝えられなかったけど、仲良くしたいと思ってる。

…もう、遥かに元気君の方が成熟した大人でした。
思わず泣いていたら、隣で一緒に見ていた次女も泣いてた。

次女もHSCです。
クソデブ野郎(いじめっ子)が他の子をイジメていても心を痛めてた。

何故泣いたのか聞いたら、
「私の気持ちと同じだった」
「おばあちゃんと解り合えて良かった」
祖母と彼がハグした時に、心臓がはち切れそうに嬉しかったそうな。


HSPに早くから気づいたのはスピリチュアルだと思う。
エンパス、スポンジ体質と呼ばれている。
テレビの精神科医の方もスポンジを例えに出していた。(精神科医の方の魂の光も凄かった)

感じやすいのは分かった。
じゃあどうすればいいの?
番組では紙に書き出す事を勧めていました。

相手に対してどう思ったか、どんな時にどうなったか、等。
これとっても有効ですよね。
私が精神保っていられたのも、長年ブログを書いてきたからです。

書いても生き辛い貴方へ。
この図を見て下さい。
エンパス

エンパスの受信センサーは、私はこのように見えます。
部屋全体まで伸びてる事もある。
そして何でもかんでも、情報も感情も選択せず吸い取る。

図にするとしんどいのが良く分かるでしょ?
私も描いてて「うわぁ…」って思ったw

大体20歳前になると、このセンサーが減少して中年になるとだいぶスッキリなってくる。
脳に入れるのも選択出来て行く。

筋肉と一緒で、受容体の衰えですw
姉もオーラまで見えていましたが、今ではだいぶ見えなくなったとの事。

子どもの頃の私は元気君並に繊細で、ぬいぐるみも生き物のように扱う優しすぎる子だったんです。
それがこんな最凶おばはんになるんだから…(笑)

今苦しい若い人達は、悲観せずに気長に待ってみて欲しい。

対処法は過去記事にいくつか書いてるので、参考にして頂けたらと思います。


最近よくやるのは、このセンサーを脳にピヤッと引っ込める。亀の頭みたいに。
そして丹田に集中。
自分の氣が満たされ、ガードが出来るようになる。
意外と筋肉付けるのも効果的なんですよ。

エンパスは華奢な人か、ぶよぶよ太りの人が多いですが、筋肉という鎧は三次元世界における最高のもの。
最近、筋肉体操やアニメで筋トレやってるの、とても良い傾向ですよね。



これは保護者、子どもと接する職業の方への忠告です。
今の子ども達は恐ろしい程人を見抜きます。
心を読んでるエスパーレベルと言っていい。
こちらの欺瞞・偽りなんてすぐに見破られる。

カウンセリングを受けていて思ったんですが、技術で接してくるんですよ。
偽りの笑顔、偽りの受容、偽りの肯定。
腹の底はそうじゃないって、丸見えなんですよ。

べつにスピな能力ではありません。女は表情のちょっとした動きで内面を探るのが上手いのですが(非言語)
10代のうちは特に敏感。
大人の小賢しさなんて通用しない。

子どもだと思って舐めないで頂きたい。
今の子ども達は、私達よりずっと魂レベルが上。
弱い子を守ってあげなくちゃ、という同情や救世主心理で接するのは失礼だと思う。

教えも導きも要らんよ。
彼らは自分で答えを知ってるはず。
彼らを信じて、尊重したらいつかそれぞれの道へ歩き出すと思う。

あと今の子ども達に言いたいのは、大人は理不尽な生き物だという事。
焦らず待ちましょう。
いずれ奴らは死に絶える。
あなた達の天下になる。

平和な社会を作ってください。




スパイの男性、殺し屋の女性、テレパシストの娘が偽家族になる物語。
人の心が読めちゃうから筒抜けなんだけど、怖がらずむしろワクワクして過ごす少女が超かわいい。

はみ出し者同士だけど、出過ぎる杭は打たれないという希望を持ったw


ツイッタ~
歌詞の内容も染みる…
誰かのために生きるなら、正しい事ばかり言ってらんないよなーなー
被害者や弱者になるくらいなら、噛みついてやるね。
不動明王も真っ青なレベルで憤怒する。
フランス人(パリ)と京都人って似てると思う。
どちらも気位が成層圏突き抜けていて、自分達の価値観、文化が絶対正義。
読んでいてプチイラッと来るのは僻みだろうか。

人を蔑(さげす)む事で保たれるようなプライドって、下品よね。
それで上流ぶってるんだったらヘソが茶を沸すwwwポッポ~♪
先生たちにも言える事だけどね。

ジャッジ・エゴ・マウンティングしないように気を付けて変にイイ子ちゃんしてたけど、
目には目をでいく。
闇落ちしま~す♪黒魔術使っちゃうぞ☆彡