表紙の絵が昭和っぽかったから(失礼)昔の本かと思ったら最近出版の本でした。





不登校新聞というものがあるそうです。
その中で著名人にインタビューした内容がまとめられています。
私はこういうのを読むと、
「でも結局、成功した人達じゃん!」
とひねくれた事を思う。

成功者が何言ったってそれは、成功者の言葉なんです。
私のような無資格、何にもない主婦が言うのとは違う。

でも、この本は良い本だった!
めっちゃ泣いた!
変わってるとレッテルを貼られてきた人達が、時には引きこもり、死にたい程落ち込んで、
それでも「好き」をやり続けた。
続ける事も才能って言葉がありますが、その通りだと思う。

不登校関連の本はたくさん読んで来ましたが、こちらは一番のオススメです。


さて、ニートと不登校児を抱える私の現状です。
一応学区内の小学校には申請は出しましたが、以下の条件を出しました。

・PTAには入らない
・名簿・連絡網に載せないで
・登校する氣はさらさらない
・机も何も要らない

教育委員会の理解あるKさんに仲介に入ってもらい、伝えて貰いましたが…。
先生たちの顔を歪めるさまが思い浮かぶw

私も子どもも、先生というものを全然信用してないし、学校に押し込められる意義が解らない。
見る人が見たら、子どもは私の投影…私がそう思うから子どもが従っていると見られ、それは否定しない。
沖縄のユーチューバーの子は叩かれてましたよね。
少数派、異端は叩きたがるのが日本人の気質ですから仕方ない。
学校に行って勉強する=列車に乗って最速で進む
そっちの方が遥かに楽です。確実です。
なのにわざわざ降りて、道もない道をナビも持たずに歩くなんて言う。

正気だと思われないだろうな。

いっぱい考えた末に、人が歩いた事の無い道を歩きたくなったんです。
子どもがこっち歩きたいっていうんだから、付いて行ってみようかなと。
旅だったら、あてもなくふらりと脇道反れるの楽しいじゃないですか。

人生を賭けた事じゃん!って反論されるだろうけど、長女のお陰で「何とかなるやん」を見てしまいましたからね。
出席日数足りないのに普通高校受かっちゃった。
すぐ中退したけど、通信制でなんとか卒業出来るかもだし。

じゃあ真面目に毎日学校行ってたのって、何なの?意味ないやん、って。

誰もした事のない事をするときには、多数の反感を買うものです。
全国にはあるケースでも、この町ではそんなケースは無いと言われた。
不登校めっちゃ多い町なのに、先生たちは「理解出来ない」で斬り捨てている現状。

理解されないなら、無視するしかない。
いつか私達の歩いた道を、誰か後から来るかもしれない。
困難な道でも、そうして良かったと思えるかもしれない。
列車に乗っては見れない花も動物も居る事でしょう。

そう言えば、椅子が固くて座らないんだ、と言っていた多動の子は、
朝礼とかも動き回ってたんだけど、座れるようになってきたそうです。

それをKさんは「マニさんのお陰だ」と言いました。
椅子が固いのが原因って、私と話して気づいたようなんです。
自分が動き回るには理由があるんだ。と気づいた途端、我慢が出来るようになったのかもしれない。

自覚って大事なんだなーと考えさせられた。
マインドフルネスを全校で必須にさせるべき。
あとカードローンの恐怖も。リボ払い、ダメ・絶対。

というわけで、私達は不登校…「登校出来ず」から未登校…「登校する氣ないよ~家で勉強するわw」になりました。
行きたくても行けない、じゃなく、
行きたくないから行かない。行ってやんねーよ!おしりペンペーンだ!


だいたい、なんで会社だと興味もない入りたくもない所には面接にも行かないのに、
なぜ義務教育は学校にこっちが足を運んで、面接しないといけないわけ?
お高くとまってんじゃないわよ。「先生」なんて呼ばれるから調子こいてんじゃないの?
あんな奴ら、先生とも呼びたくないわ。

ただ勉強が出来ただけの人達に、何が理解るんだ。
心は数式通り動かない。脅したって利かない。そんな事も解ってない。

公立の先生って半分以上、人としておかしい人間ばかりだった。
そんなのに大事な子どもを預けるのが、そもそも間違いだったんだ。

NHKで、夏休み終わりに自殺してしまう子どもの社会問題を取り上げた番組がありました。
私も少しツイートしました。
脳内でボッコボコにしてやった。綺麗ごとなんてどうでもいい。
生霊でも呪いでもいい。奴をこらしめたい。
これ毎年そう。総合じゃなく集合思念の間違い。
曇りだから上にわだかまり、凄い事になってる。
こんな一生もの傷を抱えるくらいなら、行かなくていいよ。
すでに子ども達は傷を負ってしまった。
全部学校のせい。
本当に酷いもんだった。
謝られた時、私は何も言わなかった。
簡単に許されると思うな。私の傷と一緒で、罪悪感を一生抱えて生きていけ。

いじめを見て見ぬふりをする連中も、同罪だから。


私が怒りを心の支えにしてきたのを、おわかりいただけただろうか?
不安や恐れは引き寄せるとかどうでもいい。
怒りは炎です。

自虐的に自分を責めて、死に走るくらいなら怒っていい。
理不尽な奴らにその炎を向けてやれ。
向う勇気がないなら、せめて自分だけは守れ。
唯一の味方である自分を傷つけるな。

権力に真っ向勝負、インディゴチルドレンの性質はどうしようもないわw
最近いい子になろうとして、このブログにもそんな事を書いてきたけど無理だった。
何かを壊さないと新しくならない。

頑なな怒りにある現状で何故か浮かぶのは、「あさがきた」のモデルとなった広岡浅子さん。
ドラマとまったく同じで痛快w
女は教育も受けられなかった時代に、まさに異端児。

でも私は彼女と違い財力も体力もないので、密やな革命を起こします。




鹿児島の男って基本男尊女卑で、先生たちってもっとその傾向強くて、
私が何言っても「女風情が、なに生意気いってんだw」と表情に駄々洩れてるから、
こっちも耳を貸さず、見下す事にした。
身長高くて良かった。