さて、今日はちょっとオカルトかな。
数日迷ったのですが、書く事にしました。

(話半分に聞いて欲しいのですが)この段階に来ると死霊の影響は簡単に取れます。
死霊と書くと怖いかもだけど、私は霊を残留思念、電気的な干渉だと思っているので、
こちらが「私は大丈夫」と強い意志を持てばおk。

塩や酒というのは、想いを強化・補助する道具。
一番お手軽なのは、地面の上で日向ぼっこ。
私達の魂の中には神が居て、強い生命エネルギーを保持しているので、普通の状態であれば憑依もない。

ただ生霊。これだけは厄介。
相手も同じ生命エネルギーを保持しているわけですから、強弱によっては圧されるわけです。

それを海外では邪眼(イビルアイ)と言ったようです。
嫉妬の念は一番レベルが低く、悪影響を及ぼします。
怒りの方がよほどいい。※1


たまたま、リスペクトしているブログさんを読み返していて、こちらの記事にたどり着いた。

・器
・水(水道水)
・塩(海塩)
・針2本
・ハサミ
・オリーブオイル

ご家庭にある道具だけで除霊できちゃう!というお手軽さ。
お手軽だけど、まじないに必須の浄化アイテムは揃えてるのが凄い。

こうみえて、まじない師の家系。しかも子供時代無類のおまじない好きでした。
しかし半分は理系の血。
「水に油って、浮くに決まってるじゃんw」
と3滴。



……びゃーーっと広がったね。
ちょっと見えにくいですが、こんな感じ。
P_20181231_222043

3回目でやっと、玉になりました。
同じ器で油が少しついてたから、後半の方がびや~なりそうなのに。
27321
理想形。

少し思うところがあり、友人宅でもしてみました。
これは怖かった。
6回しても広がるんです!
ちょっと油悪いんじゃないの?と交代してみたら、私は玉になる…。

彼女も敏感なので、肩が痛いと言ってくる。

この時点で、彼女にも相手を切れない理由があると判断し、それを伝える。
すると七回目、ようやく少しまとまりました。
私も肩が痛かったのですが、それも収まった。

それから信じて、定期的にしているんですけど、肩が重いな~という時にやると間違いなく広がりますね。
この前、ややトラブった後にやったら、5回やってもびや~だった。
かなり強めに相手に返したけど…どうなったか推して知るべし。


このおまじないの注意点ですが、負の感情を持ちながらやらない方がいいと思います。
「憑かれてたらどうしよう」という恐れや、
「勝手に恨みやがって!」という怒りや、
「返った相手に悪い事おきれ!」復讐心など。
なるべく考えずに、淡々と作業に集中してやってください。

別に怖がらなくても、西洋では普通にやってるおまじないみたいですし。
お気軽にどうぞ。

何回やっても玉にならなくても、5回もやればだいぶ軽くなってます。
諦めて寝て、翌朝やったら玉になってた事もあります。

身体に痛みの走る場所があったら、その上をハサミで3回チョキチョキもいいよ。
ハサミや刃物って、呪術には欠かせませんよね。
うちに伝わる帯状疱疹まじないも、錆びた包丁使って病巣の気を断つし。※2

まじないの後、ホ・オポノポノを唱えるのもお勧めです。

効果ですが、身体と心が軽くなるのはもちろん、寝付き・目覚めが大変よい。
私はどうしても悪目立ちしてしまい、つけやすいので、欠かせないおまじないになりそうです。
教えて頂き、ありがとうございました。

オリーブオイル自体が魔除け効果あるなら、もこみちさんの下に居たらいいね。



関連記事
オリーブオイル←New!
嫉妬の不毛さについて書いてます。


カルディの送料考えたら、こっちがお得だったメモ。
潜在意識が浄化されてきたのは、ブルーソーラウォーターの効果もあったと確信。